その毒舌になるのか、辛口になるのか、久しぶりに訊く事象できそうですね。
そう、レビューはテレ玉ですと。中立というか、浦和、大宮のOBではない、セルジオ越後が解説をするそうですね。
前ですけれども、清水エスパルスのプロデューサー候補にのぼったこともあったのですけれども、そんな感じであったのですけれども、辛口の講評をするほうがいないと困るとかそういった言い訳をしまして、断ったあらましあったのよね。で、次いでそのあと、たしか?間違ってはいなければ。リベリーノというブラジルの偉大なクラッキを呼んできたのかと。
その頃は、津々浦々先頭のプロデューサーは。オフトのあとのファルカンでしたしね。その頃のブラジル絡みのことは、裏ではセルジオが動いていたのかな?とも思ってはいらっしゃるけれどもね。
ほんとに、そのせのセルジオではあるけれども、高校生サッカー以外では久しぶりにですけれども、聞きますね。旦那のレビューですけれどもね。で、夏季なので、旦那の持ち主?リーダーなのですけれども、そのアイスホッケーチームは確実かな?という。
そういえば、レビューで片言の日本語を言うのは、それは戦法ってやるそうですってね。
ちゃんと抱腹絶倒タイミングで片言の言い回しを話されますので、算定かとおもうよね。ここ